今、動画マーケティングが市場の注目を集めている理由とは

まず動画はバイラル効果が非常に高いです。youtubeはじめ、世界的にヒットしたコンテンツのほとんどは動画。動画はビジュアルと音声の両方を通じて、情報を伝えられるため、国境を越えて多くの人たちに見てもらうことができます。
また動画は短時間で多くの情報を伝えることができます。文字だけでは伝わりづらかった情報も、動画を活用することで、よりたくさんの人々に伝えられるようになりました。情報量が多い分、記憶にも残りやすく、人々に深い印象を与えることができるのも、動画のメリットです。
SEOにも動画は効果的です。自社のサイトを、検索の上位にしたい方は、ぜひ動画を掲載してください。自社製品・サービスをお客様に簡単に説明できるだけでなく、youtubeがGoogleの傘下になったことで、サイト自体も上位表示されやすくなり、アクセス数を増やすことができます。アクセス数の増加は、コンバージョン率の向上につながり、ひいては売上アップに貢献するはずです。
SNSの世界でも、facebook、twitter、インスタグラムなどが続々と動画配信サービスを実装し始めました。SNSの拡散性の高さは、皆さん、ご存知の通り。文字や写真だけの投稿でも多くの人々にシェアされるSNS上で、さらにバイラル効果の高い動画を投稿したら。その効果は測り知れません。
これらの状況が相まって、今、動画マーケティングに興味をもつ人が増えています。あなたも動画を営業・販売促進に役立ててみてはいかがでしょうか。

動画マーケティングにはこのような種類があります

ブランディング

動画は会社のブランディングにとても効果的です。文字だけでは伝わりづらい、会社のイメージやコンセプトも、動画を使えば、簡単に伝えることができます。会社やブランド独自の世界観、ストーリーに共感し、ファンになるお客様も多いでしょう。そのため、自社のブランド力を向上させたいと考えている企業にとって、動画は大きな武器となります。

ブランディング

集客

動画は集客にも役立ちます。文字や写真に比べて訴求力が強いため、視聴する人の心をひきつけます。セミナーやイベント、サロンの雰囲気など言葉では表現しづらい事柄も、容易に伝えられるのが動画の特長です。また講師やスタッフの人柄などを感じてもらうのにも有効なツールとなっています。

コンバージョン率のアップ

静止画よりも動画のあるページの方がコンバージョン率がアップするという調査結果があります。動画は視覚と聴覚の両方から情報が入るため、購買意欲を促進させるのに非常に有効です。さらに動画内で分かりやすい動線を描くことで、顧客を次の行動へと促すことができます。

動画マーケティングの難しさ

動画マーケティングという言葉が生まれたのは、ここ数年の話。まだ歴史が浅いため、効果的な方法が確立されておらず、インターネットや本で関連記事を探してもなかなか見つかりません。初めての方が自力で動画マーケティングをしようと思っても成功させるのは難しいと思います。
動画マーケティングをするには、インターネットと動画の両方の知識が必要です。そのため、動画マーケティングができる会社は限られています。
例えば、WEB制作会社が動画の世界に参入しようと思っても、動画の知識が足りず、挫折してしまいます。逆に、TVCMばかりを制作していた映像制作会社が、youtube用の動画をつくったからといって、必ずしも効果的なものを制作できるわけではありません。
動画マーケティングをするにあたって重要なのは、つくるだけでなく、つくった後のことも考えること。
動画はなにかと「つくって、終わり」になりがち。
しかし、最初の予算決めの段階で、「何をつくり、どこで流すか」まで決めて、制作費用と広告費用の両方を用意する必要があります。
そこをしっかり考えてから、制作することが、動画マーケティング成功のカギとなります。

動画マーケティングの失敗例

よくある動画マーケティングの失敗例として、以下の3つが挙げられます。

1.運用方法を考えずに制作してしまった

運用方法を考えずに制作してしまったため、youtubeで流すべき動画なのに、店舗向けの動画を制作してしまった。その結果、制作費用を回収できない上、使いどころに困っている……。こんな事態に陥らないためにも、動画を制作する際は、あらかじめ活用方法をしっかり考えておきましょう。

2.高額の予算をかけて、超大作を制作してしまった

「動画を制作しよう!」と意気込んでしまったあまり、あれもこれもと詰め込みすぎてしまい、誰にも伝わらない動画になってしまった……。 動画は視聴者に伝えるためのツール。制作時は、視聴者を意識して、伝えたいメッセージがダイレクトに伝わるよう心掛けましょう。

3.納品後のデータ変更が利かない会社に依頼してしまった

納品後に製品やサービスの内容、会社の住所やURLが変更になることもあると思います。そういった場合にデータ変更が利かない制作会社に頼んでしまったら、今までの努力が水の泡。アフターフォローまでしっかりと対応してくれる会社を選びましょう。

動画マーケティングを成功させるには

動画マーケティングを成功させるには、「ゴール」のイメージを共有することが非常に重要となってきます。どのようなターゲットが、どのような媒体を通じて動画を見て、動画のどの部分に共感を抱き、動画を通じてどのような行動をとるのか。ここまでのシミュレーションができている状態で、制作をスタートさせるのとさせないのとでは、結果に大きな差が生まれます。
制作過程の中で、どのような動画にすれば良いか、たくさんの選択肢が出てきます。時には、チーム内で意見が割れることもあるでしょう。そのような時も、最初のゴールさえ明確であれば、何を選択すれば良いのか、納得の上で決めることができます。
逆に、動画マーケティングで失敗する人の多くは、つくって満足という状態です。動画はつくるだけでは意味がありません。集客、ブランディング、コンバージョン率向上など、それぞれの目的を達成して、初めて意味を為します。

レティクルが動画マーケティングに強い理由

レティクルの一番の目的は「お客様のゴールを達成すること」。
世の中には、動画の制作自体が目的となってしまっている映像制作会社がたくさんあります。その結果、「動画をつくっても効果が出なかった」「費用を回収できなかった」という事態が多々発生しています。 動画をただ制作するだけでは、ダメです。
どのくらいの期間に何人集客するのか、コンバージョン率を何%アップさせるのか、
会社が次に目指すところはどこなのか。具体的なゴールを掲げることから、動画制作はスタートします。
目的さえ決定すれば、あとはレティクルが今まで蓄積してきた豊富な実績をもとに、最も効果的な動画を制作し、運用するだけです。自社での運用が難しい場合は、レティクルが代わりにお手伝いすることもできます。
「効果が出ないから動画はつくらない」と思っている人にこそ、動画マーケティングに興味を持ってもらいたいです。今や小さな会社でも、動画を制作できる時代です。制作した動画はyoutubeやSNSを通じて、世界中の人に見てもらうことができます。
動画制作はハードルが高いと思っているかもしれませんが、その効果は絶大です。
勇気を出して、ぜひ一歩踏み込んでいただければと思います。